皆さんはカフリンクス(カフスボタン)を持っていますか?

 

 

カフリンクスはビジネスシーンで許されている数少ないアクセサリーの1つ。

 

マンネリ化したスーツスタイルにプラスするだけで、パッと華やかに見えるオシャレアイテムです。

 

 

今回はそんなカフリンクスのあれこれをご紹介致します。

 

 

 

 


 

 

カフス?カフリンクス?カフスボタン?正しい呼び方

 

カフス・カフリンクス・カフスボタンなど様々な呼び方をされていますが、実は「カフスボタン」は和製英語。

この呼び方をしているのは日本だけなのです。「カフス」は袖口を意味する英語。

正しい名称はカフリンクス(cufflinks / cuff links)といいます。

 

 

 

 

 

 

 

 カフリンクスを留めるシャツ

 

カフリンクスを持っていない・使ったことがないという方も多いのではないでしょうか?

まずカフリンクスを留める為には、袖にボタンホールが開いている必要があります。

 

 

カフリンクスが留められるシャツの種類には

 

・一重で折り返しのない「シングルカフス」

・袖口が長く、折り返して二重にして着用する「ダブルカフス」

・ボタンでもカフリンクスでもどちらでも留めることができる「コンバーチブルカフス」

 

など、他にも様々な種類のシャツがあります。

 

 

 

 

 

 

 

カフリンクスを楽しむコツ

 

基本的にはシャツの色とリンクさせると間違いありません。

 

プレーンな白シャツにはシンプルな物から派手なものまで何でも合うでしょう。柄が入っているシャツに合わせる場合は、同系色のカフリンクスを。無地のシャツにはアクセントとして派手な色を持ってくるなど合わせ方は様々です。

金属物であれば、バックルや時計などの色とあわせると統一感が出ます。

 

しかし礼装の場合は例外

昼の礼装では真珠白蝶貝などの白、夜は黒蝶貝オニキスなどの黒を着けると決まっているので注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

カフリンクスの種類

 

カフリンクスの留め方、素材、デザインなどいろいろありますが、当店では主な2タイプのカフリンクスをご用意しております。

ここでは形状と商品をご紹介致します。

 

 

 

 

・スウィヴェル式(Bullet back closure, swivel)

 

カフリンクスの中で最も一般的な種類のスウィヴェル式。

T字部分を倒してボタン穴に通し、またT字に戻すだけという装着がとても簡単なカフリンクスです。

 

 

ボタンモチーフの遊び心溢れるカフリンクス。裏にはブランドロゴが刻まれています。
黒蝶貝が埋め込まれた上品なカフリンクス。裏にはブランドロゴが刻まれています。
 SWAROVSKIのクリスタルが乗ったラグジュアリーなカフリンクス。裏にはブランドロゴが刻まれています。

 

 

 

 

SWAROVSKIのスタッズが印象的で男らしさが溢れるデザイン。裏にはブランドロゴが刻まれています。

バベット ワッサーマン C583RH カラー:SILVER ・・・ 30,000円(税込)

バベット ワッサーマン C583BK カラー:BLACK ・・・ 30,000(税込)

 

 

 

 

 

 

・固定式(Fixed backings, Fixed)

 

スウィヴェル式を違い、T字部分が固定されたカフリンクスです。

ボタン穴に通して引っ掛けるだけで留まるようになっています。また、ダブルフェイス(リバーシブル)になっているのも多いです。

 

 

 

曲線がとても美しい一点。裏にはブランドロゴが刻まれています。

バベット ワッサーマン C492RH カラー:SILVER ・・・ 15,000円(税込)

バベット ワッサーマン C492BK カラー:BLACK ・・・ 15,000円(税込)

 

 

 

 

 

 

車モチーフの可愛いカフリンクス。裏はハンドルモチーフになっていて、遊び心溢れるデザインです。

バベット ワッサーマン C567BK カラー:BLACK ・・・ 19,500円(税込)

 

 

 

 

 

 

自転車モチーフのカフリンクスです。裏にはブランドロゴが刻まれています。

バベット ワッサーマン C566OR カラー:ORANGE ・・・ 20,800円(税込)

 

 

 

 

 

 

他にも古典的な「チェーン式」、カジュアルな印象の「紐式」、スナップボタンで繋げる「スナップ式」などの種類があります。

 

 

 

 


 

 

いかがでしたか?

 

近年、カジュアルシーンでも着けている方を見かけることが多々あります。

 

またラペルピン代わりにカフリンクスを挿すというオシャレ上級者まで!

 

まだカフリンクスに手を出していない方も、袖口のさりげないアクセサリー1つで、いつものスーツ姿がグッと魅力的になりますよ。

 

是非取り入れてみては?

 

 

 


 

 

 

ディンプルはシーワード&スターン」「パオロ アルビザッティ総輸入代理店。

当店はその直営公式オンラインショップです。

ご質問やご意見はメールにてお問い合わせくださいませ。

皆様のご利用を心からお待ちしております。

 

 

 

・修理はコチラ

・プレス情報はコチラ

・キャンペーン、他ブランド情報はコチラ

・スタッフブログはコチラ