「ステファノマーノ」はイタリアの職人の “手” によって、質実剛健な鞄を展開しているガスプコム社のブランド。

10年でも使い続けられる耐久性とクオリティが評判となり、品質重視の鞄好きの中でじわじわと人気が出てきているブランドです。

また新規ユーザーのほかリピーターも多く、その人気を後押ししています。

 

今回はそんな人気上昇中のステファノマーノのブランド紹介を致します。

 

 

まずはブランドの歴史をご覧ください。

 

 

 


 

 

 

<ステファノマーノの歴史>

 

1974年創業のガスプコム社。イタリアのアドリア海に面した町アンコナ近郊を本拠地としています。

創業者のカリノ・ガスパローニ氏は元々ミシンの販売業を営んでおり、その知識を活かして自社オリジナルの特殊ミシンを開発。

それを使ったオリジナルの木枠の革張り鞄から革のトランクまで、一人で全ての工程をこなして鞄作りをしたのが工房のスタートです。

 

(奥の写真が創業者のカリノ・ガスパローニ氏)

 

 

 

長男のマッシモ氏が父を手伝うようになった1978年頃から、縫製技術の高さで一流ブランドのOEM生産を手掛けていました。

1987年には次男のステファノ氏も加わり、2003年に立ち上げたファクトリーブランド「ステファノマーノ」のクリエイティブ・デザイナーとして、日々新しいコレクションを生み出しています。

 

 

「STEFANOMANO(ステファノマーノ)」は“ステファノ”の名前とイタリア語で手を意味する“マーノ”を合わせた造語。

OEM生産で蓄えてきた技術力を基に、2003年から構想をすすめ、2004年春夏からコレクションをスタートさせたファクトリーブランドです。

 

現在に至るまで、その真摯な物作りの姿勢は全ての製品に対して変わることはありません。

 

10年経った製品は経年変化し、まるでヴィンテージカーを乗りこなしている時の様な感動を感じて頂けます。

 

 

 

<ステファノマーノの魅力>

 

百貨店やセレクトショップなどで隠れたロングセラーの「ステファノマーノ」

100%イタリアメイドなのに堅実な装いは、良い意味で日本製と間違えるほど。

タフで機能性が高いエレガントな製品は随所に職人技が感じられ、イタリアを中心に根強いファンがついています。

 

 

1.使い手に優しい“デザイン”

 

 

装飾性よりも実用性に軸をおいた、トレンドに流されすぎない品の良いデザイン。

手間を惜しまずに作業を繰り返すことで堅牢になり、製品は美しい佇まいになります。

日常の使い勝手をとことん追及して作られる製品は、エレガントな雰囲気を残しながらも機能的で実用性に長けています。

長年使っても美しさを損なわない鞄は、経験を積んだ職人のみができる仕立ての良さが生きています。

 

 

2.細部まで行き届いた“縫製”

 

 

存在感のあるステッチはステファノマーノの自信の表れ。

一般のイタリア鞄では20番手の糸が多く使われますが、ステファノマーノではより太い10番手を使用し、それ専用のミシンで用いて縫製しています。

また胴部分のコーナーには0番手の糸を使って手縫いで仕上げ、糸の端もカッターではなくコテで焼き切ることで触り心地を良くしています。

部位によって最適な番手やピッチを選び、ミシンも使い分けるなど細部までこだわっています。

長年使い込まれた年季ある鞄でも縫い目はしっかりしており、頑丈に作られていることを実感して頂けますし、ハンドル芯には一般的なナイロンではなくコットンを使用しているため、握りが柔らかく手に馴染みます。

 

 

3.厳選した“素材”

 

 

  • 【レザー】

イタリアの一流タンナーから選んだAランクのタンニンレザーだけを使用しています。

このイタリアンレザーも品のある風合いで、使い込むごとに艶やかで知的に変化していきます。

また、モデルや鞄の特性、部位によって最適な革を選んでいます。

 

  • 【ナイロン】

色鮮やかで上品な光沢感を持つナイロンは名門リモンタ社製のもの。

ナイロン生地の裏には独自のボンディング加工を施し、ガスプコム社オリジナル生地に仕上げています。

この作業によって見た目は繊細ながらも耐久性が上がります。

 

  • 【コットン】

リモンタ社に特注しているポリアミドをミックスさせたジャガード生地「アデレード」。

生地の中間にはポリウレタンゴムを、裏にはコットンドリルを貼った生地は防水加工が施されている為、大切な収納物を水分から守ります。

現在ステファノマーノのみ使用している素材です。

 

 

4.一貫した“生産管理”と“技術”

 

 

企画やデザインから検品までを完全自社一貫生産で行っているガスプコム社。

全ての工程を一貫して行うことによって製品管理が徹底され、高い品質を保っています。

しかもガスプコム社の職人は全員が10年以上鞄を作り続けているベテラン職人。

難度の高い技術を要する特殊なミシンを扱えるのは、長年経験を積んだ熟練職人のみが成せる技なのです。

また社長業の傍ら、生産管理も担当している兄のマッシモ氏自ら、工場で革の染色や経験が必要な革漉きなどの工程を行っています。

 

 


 

 

まだまだイタリアのバッグブランドの中では新参者のステファノマーノ。

ゆえに知名度はそこまで高くありませんが、数々の雑誌で取り上げられるなど、常に成長を続けているブランドです。

 

レザーのブリーフは使い込むごとに柔らかい風合いに、長年使い続けた製品はヴィンテージワインにも負けない熟成された艶っぽい表情になります。

年々離れがたくなる相棒になっていること間違いなし。

その良さはぜひ実物を手にとってご確認ください。(取り扱い店舗はコチラ

 

 


 

 

 

ディンプルはステファノマーノの輸入総代理店

当店はその直営公式オンラインショップです。

ご質問やご意見はメールにてお問い合わせくださいませ。

皆様のご利用を心からお待ちしております。

 

 

・修理はコチラ

・取り扱い店舗はコチラ

・プレス情報はコチラ

・キャンペーン、他ブランド情報はコチラ

・スタッフブログはコチラ